融資・補助金・助成金

融資について

創業するにあたり、開業資金と当面の運転資金が必要なのはいうまでもありません。
手持ちの資金がない場合、国の機関である「日本政策信用金融公庫」をはじめ、銀行や信用金庫といった民間の金融機関に融資を申し込むことになります。
何も実績のない新会社が融資を受けるには、説得力のある事業計画書の作成が不可欠です。
税理士にご相談いただければ、融資が通りやすい事業計画書の作成方法をアドバイスできます。

事業計画について

創業にあたり、事業計画書の作成はとても大切なことです。
事業計画書を作成することで、漠然と頭に描いていた新会社の事業内容を具体化にすることができます。
立地や開業時期、規模、目標売上などを固め、その実現のために何が必要かも明確になります。条件が合わない部分は優先順位を決めるなど、シミュレーションを繰り返すことで、より緻密で説得力の高い事業計画書の作成につながります。

事業計画書に説得力があるほど、国庫や銀行などの金融機関に融資を申し込むとき、有利になるといえるでしょう。

クライアントの相談例

自己資金はどのくらい準備すべきでしょうか?

クライアントの相談例

補助金等の通常の流れは経費等の支払いが先行し、その後要件を満たしているかの審査
後、入金となります。よってある程度の自己資金の準備は必要となりますので30~50%
くらいは準備しておくことが望ましいと思います。

よくある御質問

Q

A

森川文美税理士事務所 個別無料相談実施中 営業時間:9:00~18:00【定休日】土曜日 日曜日 tel:0584-47-7155 お問い合わせはこちら

  • 森川文美税理士事務所 個別無料相談実施中 営業時間:9:00~18:00【定休日】土曜日 日曜日 tel:0584-47-7155 お問い合わせはこちら
  • block_contact_tel.png
  • お問い合わせはこちら