事業承継

事業承継について

事業承継とは、後継者が会社の事業と株式を引き継ぐことをいいます。事業については事業を熟知された先代から教えを請い、または背中をみて時間をかけてじっくりと引き継ぎを受けていくということになると思います。
一方株式については上場会社と違い、非上場会社の株式は換金性が非常に低く、一株一株が経営権の塊であるため誰にでも売却してよいというしろものではありません。にもかかわらず一旦相続が発生してしまえば、その株式が高額に評価され、多額の相続税を納めなくてはいけない事態を引き起こしてしまう非常に厄介なものです。
全くの無策のままで相続という事態を迎えてしまうと後継者にとって事業の引き継ぎだけでも重大事態なのに多額の納税資金にも頭を悩ませなければいけないという非常に苦しい状況に突然陥ってしまうことになるのです。
事業承継でもっとも大事なことは、余分なお金をかけず、税金も少なくすることです。
事業承継について悩みごとがあるなら、税理士にご相談ください。時間を掛けてじっくりと承継する方法、一気に承継を行う方法など、それぞれの会社に最適なアプローチをご提案します。
たとえば、会社の株価が高い場合には先代に十分な役員退職金を支給すると会社の株価が一時的に低下します。このタイミングで株式移動の検討をするといった対策が検討できます。

注意すべき3つのポイント

事業承継には、以下の3つのポイントを抑えておく必要があります。

1なるべくお金をかけず、税金を抑える

株式の承継は、何の対策も行わないと多額の相続税がかかるおそれがあります。事業承継にはなるべくお金をかけず、税金を抑える対策が求められます。

2誰が会社の後を継ぐのか明確にする

事業承継は、言葉を変えれば株式の承継にほかなりません。後継者は誰なのか明確に決めておかないと、対策のしようがありません。

3長期的な視野に立つ

事業承継には、目の前の株を移すという行為だけではなく、「さらに次の代を見据えた」長期的な視野策が必要です。その先を見据えた対策が、会社の永続性をバックアップします。

サポート内容

当事務所では、事業承継に関して各種サポートサービスを提供しています。

現在の会社の資産価値を明確化する

現在の会社の株価を計算することで、資産価値を明確化します。第三者的な視点から、会社の現況を把握できます。

将来にわたるシミュレーションを行う

数年後の株価を想定し、何も対策を行わなかったとき、事業承継の生前対策をしたときの2つのパターンで長期的なシミュレーションを行います。

事業承継ご相談の流れ 

ご相談内容やご要望の聞き取り

        ⇩

問題点や課題の提示、簡易プランの作成 ① 

        ⇩

詳細な資料に基づくプランの確認・実行 ②

費用

※税抜き表記となっております

株価の算定 30万円~
事業承継プラン作成・実行報酬 報酬額 ①簡易プラン作成料 2万円 (実行の際には、実行報酬に充当)
②実行報酬 30万円~

森川文美税理士事務所 個別無料相談実施中 営業時間:9:00~18:00【定休日】土曜日 日曜日 tel:0584-47-7155 お問い合わせはこちら

  • 森川文美税理士事務所 個別無料相談実施中 営業時間:9:00~18:00【定休日】土曜日 日曜日 tel:0584-47-7155 お問い合わせはこちら
  • block_contact_tel.png
  • お問い合わせはこちら